« 現実と向き合う | トップページ | 転院続き »

2015.02.13

SAS通院の転院

睡眠時無呼吸症候群。
sleep apnea syndrome というらしいですが、私は何年か前に上記診断名をいただきまして(汗)、CPAP療法の医療機器リース代支払いと、レム睡眠行動障害の服薬処方をもらうため、とある医療機関に毎月1回継続通院中の身。


そもそもいつから睡眠時無呼吸症候群だったのかなんてさっぱりわかりませんが、ずっと昔から寝ても寝ても眠かった、ちっとも寝た気にならなかったことだけは事実であります。


んで、CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)療法といって、寝るときに鼻から強制的に気道へ空気を送り込む機械(マスク)を装着するのですが、その医療機器が医療機関経由のリース品。毎月通院してリース代を支払うというシステムになってます。
そしてこの本体にSDカードが挿さっていて、通院時にカードを持って行くと前回通院以降のCPAP使用記録を印刷してくれるのです。職場などから使用状況の確認を求められたらその記録をコピーして提出すればいいという算段(たぶん)。




ま、そんな前置きはともかくとして、近々現在通院中の医療機関が閉鎖になることとなったために転院を余儀なくされたわけですが、ネックとなるのが医療機関経由のリース品であるCPAP医療機器。
現在使っている機械をそのままリース継続できる医療機関へ転院しないととってもめんどくさいことになりますので、CPAP業者のコールセンターへ電話して近隣の提携??医療機関データをいただきましたのさっ( ̄▽ ̄)



や、当然現在通院しているところから紹介状をいただきますが、通院しにくいトコロを紹介されても困ってしまうので、事前に確認とっておきたかったのです。



ふむふむ・・・、とりあえずいくつか選定できそうですにょchick



あ、ちなみに現在はCPAP療法によりよく眠れてますsleepy

|

« 現実と向き合う | トップページ | 転院続き »

心と体」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/61130623

この記事へのトラックバック一覧です: SAS通院の転院:

« 現実と向き合う | トップページ | 転院続き »