« 2007年最終投稿(たぶん) | トップページ | 『三村ノート』から『佐々岡真司の投魂』へ »

2008.01.03

初夢・・・ほか

皆さま・・・、

2008年あけましておめでとうございます。

本年もどうかよろしくお願い申し上げますm(__)m


昨年末、12月30日から静岡(伊豆→焼津)へ行っておりまして、本日(3日)朝10:00頃帰宅。

そんな12月30日、大仁から修善寺方面へのR136にて、T井さんDSとすれ違いました(^O^)/

T井さま、気付いてくださってありがとうございます。



そして新年1月1日。父親の『天気いいぞー』という声で起き、今年は気分も新たにと、ここ何年もずっと拝んでなかった初日を見ようと外へ。寒いぃぃ~(>_<)

ちょうど隣家の前から綺麗な初日の出??をパシャリ。

Photo






サッカー天皇杯は、鹿さん順等勝ちで残念。


翌2日。TVでひさーしぶりに、藤色ユニ(藤枝東高)を見ました。志望校でしたから、よりいっそう“国立へ”の想いが強いです。志望校だけど母校でないのは、某学校の入学説明会の日が公立高の受験日だったため(^^;;;



で、タイトルの1月2日の夜見るという“初夢”です。

何故だか?(大汗)住み替えるためのお部屋を見ているところ。けど新居に決めたのは、店舗のような前面総ガラス張りで、なおかつサッシがアルミ枠でも木枠でもない、旧い学校のような鉄枠なのん。

中に入ると、すっごい土間が広くて、その土間に大きな4つのかまど。そして“キッチン”というより厨房とか調理場といった感じの調理台。

おにぎり作って売ってたような雰囲気でした(苦笑)


更に奥のお部屋はどうなってるかなぁと覗こうとしたところで起きたという・・・(ノ_・。)


うーん、単にお腹空いてただけかもぉ(汗笑)






3日の朝食は、母親が風邪引いたので父親ごはん(^◇^)

朝食後、いつものようにいっぱいの荷物を(角煮とか、ハムとからっきょう漬けとか・・・)Xsara に積んで、東名高速を一路西へ。

しぞーか県は快晴だったけど、宇利トンネル越えて愛知県に入ったら雲が多く、ちょっと雨も。やはり関ヶ原から雪雲が流れてきてる様子。

そして東名上り線では早くも帰省渋滞。




TVでは箱根駅伝復路。今年は学連選抜がいいですねー!!

|

« 2007年最終投稿(たぶん) | トップページ | 『三村ノート』から『佐々岡真司の投魂』へ »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ども。
あけましておめでとうございます。
意外に早いお帰りでしたね。もっとゆっくりしてくると思っていました。
私は、帰省したのは元日の日帰りでした。なにせ箱根路が昨日今日と使用できないというのと、実家に寝る場所が無い(笑)からです。
箱根駅伝は、何年かぶりに見ませんでした。のだめ、見てました。先程、ヤフーで結果見たら駒大の逆転優勝(なんとなくそうなるんだろうとは思ってました)、学連選抜がなんと4位という好成績。来年は、予選会からの勝ち上がりが1校増えるそうです。
藤枝東、順調に勝ち進んでいるようで。一応、静岡県出身なので、嬉しいですね。このまま優勝してくれれば・・・。
中埜さんは、今年はいい年になりそうですね。羨ましいです(謎)。
僕は・・・一人細々と生きていくだけです。

投稿: swimmer-T | 2008.01.03 18:04

>swimmer-T さん

どもども。
あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくです。

>意外に早いお帰りでしたね
4日にお医者行かなきゃならないので、3日帰宅は当初の予定通りなのです。
それに、実家の私用布団は寝心地良くないという(苦笑)

swimmer-Tさんのところは、箱根駅伝の日は身動きとりにくくてたいへんですよね。バイクでも小田原経由箱根越えは難しいでしょう。

>のだめ、見てました
相模原の某氏も同じこと言ってました(^^)

>今年はいい年になりそうですね
ご存知の通り、ここ何年も(たぶん21世紀になってから)ずーっと低調でした。
昨年上向きのきっかけに巡り合いましたので、なんとかこのまま少しずつでも上昇していきたいと思っております。

投稿: 中埜実(亀井) | 2008.01.04 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/17562258

この記事へのトラックバック一覧です: 初夢・・・ほか:

« 2007年最終投稿(たぶん) | トップページ | 『三村ノート』から『佐々岡真司の投魂』へ »