« 派手・・・ですか?? | トップページ | 今週末のスポーツ »

2007.10.25

“優勝できるカープ”を信じています

昨日(10月24日)は、個人的に“気合を入れたい大一番”がありましたので、黒田博樹投手の背番号15が入った赤Tシャツを一日中着ていました(^^)


2007プロ野球シーズン、広島東洋カープは今更書くまでもなく5位で終了。クライマックスシリーズ進出(=Aクラス入り)を逃し、結果、2009年シーズンのホーム開幕権が消失、新球場で開幕戦を迎えることができなくなりました。


そして、長年投手陣の、チームの柱として先発・中継ぎ・抑えと大車輪の活躍をしてくださった佐々岡投手の引退(長い間お疲れさまでした。また市民球場&神宮での引退登板ありがとうございました)。“優勝を知る選手”はもうほんのわずかです。


そんな、“下位低迷”が当たり前のようになってしまったチーム(もちろん選手の皆さまは常に優勝目指して戦っていらっしゃいますが、“相対的なチーム力”としてそういう結果になっています)の中、『優勝が目に見えてこないなら』と、黒田投手はFA宣言し、残留か、メジャー移籍かの選択に入りました。新井貴浩選手は、『残留ならFA宣言しない』という方向で、まだ気持ちが揺らいでいらっしゃるようです。

両選手とも、カープに対する思い入れは強く、『カープで優勝したい。けど今の戦力では・・・』という気持ちなんでしょう。たしかに、発足3年のイーグルスを除くセパ11球団の中で、いちばんリーグ優勝から遠ざかってるんです。もう泣きたいです、ほんと・・・。



そんな投打の主軸選手の気持ちを察してか、チームはまずコーチ陣の補強から入りました。前ライオンズの植田幸弘氏が一軍バッテリーコーチに就任。そして前ジャイアンツの内田順三氏が一軍打撃コーチへ復帰することになりました。両コーチ共にじゅうぶんな実績がありますし、前田智徳選手や嶋重宣選手などの“内田塾生”にとっても喜ばしいことでしょう。決して資金が潤沢でないチームですから、現有戦力をできるだけレベルアップさせるという意味でのコーチ就任(再任)。まずはチーム再建への第一歩を踏み出したといっていいと思います。


チームと黒田投手、新井選手とのこれまでの交渉でも、チームづくりや補強などを重点的に話し合われていたんでしょうし。








そんなこんなでつらつらと書きましたが、要は私、


黒田投手と新井選手の残留を信じています!!


ということを書きたかっただけなんです。



ま、でも、“FA権”は選手が行使できる権利。どんな結果になったとしても、選手を責めたりはしません。



そうそう、フェニックスリーグで期待の若手右腕が好投していたとのこと。今後が楽しみ~♪







昨日、しぞーかからみかんがやってきました。嬉し~(^O^)♪

|

« 派手・・・ですか?? | トップページ | 今週末のスポーツ »

スポーツ」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/16866420

この記事へのトラックバック一覧です: “優勝できるカープ”を信じています:

« 派手・・・ですか?? | トップページ | 今週末のスポーツ »