« プレーンヨーグルト+いちごジャム | トップページ | からだが落ち着かなくて、寝られません(>_<) »

2006.05.27

カープ黒田投手、登板過多!!!

私が応援するチームのことを書くと、必ずといっていいほど“負ける”ことばかりなので、これまで書かないでいたのですけど、さすがに今回ばかりは書かせていただきます。


昨日(5月26日)のイーグルス戦で4回0/3、9失点と今期最短、最多失点で降板した黒田博樹投手ですが、ここまでの45試合で11試合に先発登板。投球回数80回1/3と、先発投手の中では12球団の中で最多になります。


要は、ほぼ4試合に1回の先発登板、1試合につき約7回1/3投げていることになります。


このペースだと、146試合で36試合に先発という計算になっちゃうんですけど・・・。



他の投手と比較すると、同じく昨日登板した三人が、

・ベイスターズ 三浦大輔投手:46試合中10登板。投球71回
・ソフトバンク   斉藤和巳投手:51試合中10登板。投球75回
・バファローズ 川越英隆投手:50試合中10登板。投球68回1/3

という状況。他にもイーグルス一場投手やジャイアンツ内海投手が10試合投げてますが、それでも黒田投手がまだ5月も終わってないというのにダントツなんです。


たしかに黒田投手は、まぎれもなく、


広島東洋カープのエース


です。

もちろん、100球前後での省エネ完投勝利もあるのですが、球数以上に精神的にも肉体的にも疲労が激しくなってるはずなのです。


現在抑えのベイル投手が故障離脱中で、中継ぎ以降のやりくりがたいへんだというチーム事情もあるのですが、これでは黒田投手のからだがもたないでしょう。

実際、26日の投球では、繊細な制球力が全く消えていたようです。登板間隔中に抜かなきゃいけない疲労を抜けきらないまま登板しているツケがまわってきているとしかいいようがありません。

チームのエースですから、他の投手より多く登板するのは当然としても、この登板回数の多さは、せいぜい6~7回までの投球を考慮した登板感覚の設定のはず。

同じチームで比較すると、同様に開幕から先発でフル回転のダグラス投手は、今日(27日)試合があるとして11試合目になりますが、これまでの10試合では計57回1/3しか投げていません。投球数のデータがありませんのでそこまでの比較はできませんけど、それでも・・・。


黒田投手は、現在カープの選手会長であり、今期チームに導入された“キャプテン”制度でも、投手陣のキャプテンを務めていらっしゃいます。そして上記したとおり“エース”なわけですから、ブラウン監督や清川投手コーチがSTOPさせない限り、登板試合では自ら『降りる』とは言わないでしょう。


清川コーチ!!これ以上登板過多にならないようお願いします。


というか、27~29(予備日含む)のフルキャストでの試合と、6月2~5日(こちらも予備日含む)の尾道、広島でのマリーンズ戦は、もう全部雨天中止でいいです(かなり弱気・大汗)。


はあああぁぁぁ・・・。書きたくなかったけど、書いちゃった(嘆)




ところで、今期は交流戦での雨天中止試合が多いですが、日程調整どうなるんでしょう・・・(悩)

|

« プレーンヨーグルト+いちごジャム | トップページ | からだが落ち着かなくて、寝られません(>_<) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/10256723

この記事へのトラックバック一覧です: カープ黒田投手、登板過多!!!:

« プレーンヨーグルト+いちごジャム | トップページ | からだが落ち着かなくて、寝られません(>_<) »