« 9/19、復調のため?東京へ | トップページ | twingoとの別れ、近付く・・・ »

2005.09.22

映画『タッチ』鑑賞

すーんごい久々に、映画の話題でも(^^;
実際、ここ最近ずーっと映画観てませんでした。

で・・・、今回の『タッチ』なんですが・・・。

原作は知ってます。けど、微妙にヒット世代より上?(汗)なためか、正直かなーりうろ覚え(^^;;;

なので、原作と多少キャラ設定が違いようが、私にはどうでもいいのです。


それともうひとつ・・・。

私が、長澤まさみさん出演の映画を観るのはこれで5度目になります。

・ロボコン(初主演)
・阿修羅のごとく(ちょい役)
・世界の中心で、愛をさけぶ(これで大ブレイクなさいましたね)
・深呼吸の必要(『世界の~』とほぼ同時期公開の映画)
・タッチ

『ロボコン』は、私が高専卒ということで観てみたのですが、この映画での、長澤さんの演技力にすっかり惹かれました。
で、私と同じく静岡県出身ということもありまして、それ以降なんとなーく気になって、映画は積極的に観るようにしています(TVドラマはほとんど見てません)。


という前置きはいいとして、本題の映画なわけですが、オジサンはこーいう青春モノ、とっても弱いですね~。

はい。映画の冒頭から既にウルウルしてしまいました(^^;;;

やー、参った参った。ほんっと、すっかり参ってしまいました。

長澤さんの演技も素晴らしかったですし・・・。

というわけで、“人知れず泣きたいオジサン”にはとってもオススメな映画です・・・って、こんなレビューでいいのか??(大汗)

あと、先日の記事『OMENS OF LOVE』は、この『タッチ』の中で使われたものですので~(^^)

|

« 9/19、復調のため?東京へ | トップページ | twingoとの別れ、近付く・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

タッチ、見てきました。
正直、泣けませんでした(笑)。
ただ、原作とはあまりずれていないストーリーだったのかなと。まあ、映画版ということで多少はしょられている部分は目をつぶるという感じですかね。
一番感心だったのは、上杉和也、達也兄弟を一人二役ではなく双子の俳優(斉藤祥太、斉藤慶太)を使ったということでしょうか。

投稿: swimmer-T | 2005.10.02 21:26

>swimmer-T さん

度々どーもです。

あ、泣けませんでしたか(^^;;;
私の涙腺が弱いだけかなぁ・・・(汗)

>双子の俳優(斉藤祥太、斉藤慶太)を使った
この二人は、リトルリーグの経験があるそうで、まぁ、“当たり役”だったみたいです。

投稿: 中埜実(亀井) | 2005.10.03 19:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/6059750

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『タッチ』鑑賞:

» 映画VS原作「世界の中心で、愛を叫ぶ」映画VS原作 [独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板]
原作と映画のノヴェライゼーション「指先の花」の両方が出版されているという 珍しいケースですが、両方見るに値します。 では、原作と映画のあらすじ比較を始めましょう。 映画の冒頭では、高校生の朔(森山未來 テレビ「ウォーター・ボーイ」)と アキ(長澤まさみ「ロボコン」「黄泉がえり」)が、 病室で窓外の嵐の様子を見ながら「出発できるだろうか」 などと語らう場面から始まっています。 原作では、... [続きを読む]

受信: 2005.09.29 20:21

« 9/19、復調のため?東京へ | トップページ | twingoとの別れ、近付く・・・ »