« 6月14日は『日記の日』 | トップページ | なんかやっぱり »

2005.06.15

眞鍋サンもサロンパス派?

ブロガークイーン?であり、夜には銀座のホステスに変身する(6月11日の記事・笑)眞鍋かをりさん。

そのクイーンの6月14日の記事(トラックバックしています)を読んでいたら、


なんか肩がいたいな。

サロンパス貼って寝よ。


という文面が・・・。

やー実は、私もよく寝る前にサロンパスを肩に貼るんですよ(^^;;;

なので、ちょっとだけ親近感(^_^)v


けど私、肌が弱いので“穴あき”サロンパス(普通のサロンパスよりちと高い・汗)を利用していても、朝起きて、サロンパスを剥がすと・・・

貼ってあったブブン全体が長方形の“みみずばれ”状態になってしまっているのです。

ホントはこのような貼り跡が残る人は使っちゃいけないのかもしれませんが、もうすっかりサロンパスとお友達状態。手放すことができません。

眞鍋さんはさすがに女性だし、更にはタレントだし、ホステスだし(←しつこい・汗)で肩を出してお仕事なさることが多いでしょうから、私のような肌ではないのでしょうね。
そこはとっても羨ましいです。

それとも、

『サロンパス貼っても“みみずばれ”にならない裏技』

なんてあるのかなぁ・・・。

あったらどなたかご教授ください。

|

« 6月14日は『日記の日』 | トップページ | なんかやっぱり »

心と体」カテゴリの記事

コメント

普通の湿布薬だと、皮膚の弱い人はガーゼの上から貼っても効果あるらしいですが…。
サロンパスはダメかな??
あとは女性用の湿布薬だったら、お肌に優しいのかも。

投稿: chimu | 2005.06.16 01:41

>chimu さん

いつもありがとうございますっ!!

>女性用の湿布薬
えっ????
そのようなものがあるんですか(←無知・汗)

とりあえず今日、薬局へ行ったら“肌に優しい”サロンパスが売ってたのですが、現在肩があちこちかぶれまくってしまって、サロンパス貼るとこがなくなてしまったので(大汗)、しばらく様子見てから薬局の薬剤師にでも聞いてみて試してみたいと思います。

投稿: 中埜実(亀井) | 2005.06.16 20:07

女性用、というか以前、賀来千香子さんが足裏に貼るCMをやっていませんでしたっけ??
「サロンパス30 刺激マイルドタイプ」
http://www.hisamitsu.co.jp/healthcare/products/007.html
これなんかが、そうじゃないかな?と思うのですが。
#中埜さんがみつけたのも、同じものかな?

肩こりは血行の悪さも原因の一つだと思いますので、ストレッチやツボ押し、血行を良くするビタミン剤(B12など)を摂られるのも、ひとつの手段かと。
あと食事面では、ショウガをよく摂るといいですよ。
足首を冷やさないようにするのもいいそうです。

私も血行が悪すぎて、あちこち壊れる原因になってます。
私の場合運動不足なのも、いけないのかもしれませんが(汗)

投稿: chimu | 2005.06.16 22:37

>chimu さん

いろいろとありがとうございますー!!

#足裏は、サロンパス貼っても全く平気
#なんですけどね~(^^;;;(結構気持ちいい)

>「サロンパス30 刺激マイルドタイプ」
これですこれぇ~!!、はい。

ストレッチは、最近になってからやってます。
正座の姿勢から、前かがみになって、お尻を少し上げて腕を前にぐーと伸ばして手と顔を床につけるんです。
ちょうど、ネコが前足を伸ばすような感じで・・・。

ビタミン剤は、以前よく錠剤を飲んでいたのですが、数時間経ってからトイレ(小)に行くと、『あ~、ビタミン剤そのまま出てるな~』っていう臭いがするんですね(大汗)

ただ、肩こりの原因がな~んとなくわかってきたような気がしますので、もうちょっとはっきりしたら、ブログに書こうとか思ってます。

投稿: 中埜実(亀井) | 2005.06.17 05:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/4565948

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋サンもサロンパス派?:

» 眞鍋かをりと結婚と納豆 〜ネバネバは樹脂になる〜 [マサルの覚書き日記]
〜ネバネバは樹脂になる〜さて眞鍋さんブログで話題にあがった納豆は食べてもすごいが「納豆樹脂」として環境にもやさしいのである。 ネバネバはすごいね〜 [続きを読む]

受信: 2005.06.15 20:17

« 6月14日は『日記の日』 | トップページ | なんかやっぱり »