« 自動車、夏と冬の燃費 | トップページ | 映画『Ray』鑑賞 »

2005.02.16

2005年2月16日、『名古屋空港』最後の日

普段ヒコーキとは縁遠い生活をしているワタクシ・・・。
しかし、さすがに私の生活圏への影響が大きい話題ですので、とりあげてみました(^^;;;

本日(2月16日)、大型旅客機や貨物機の空港としては最後の日となる『名古屋空港』。
翌17日からは、『愛知県営名古屋空港』として、県営になり小型機用の飛行場に生まれ変わります。

大型機は、17日より開港する『中部国際空港』へ・・・。

このため、16日の夜は、名古屋空港にあるタラップ車や飛行機のけん引車など関係車両500台以上が陸路で移動をするという、徹夜作業での引越しが行われます。

まずは無事に引越し作業が行われ、17日の第一便から、何事もなかったかのように中部国際空港での発着が行われることを願います。

この“民族大移動”、天気がよければ少しでも見てみたいと思うのは、私だけでしょうか(^^;


そして、名古屋空港様、お疲れさまでした。

ということで、17日以降、名鉄の常滑・空港線は常時混雑することになるのだろうか。うぅぅ・・・。

|

« 自動車、夏と冬の燃費 | トップページ | 映画『Ray』鑑賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/2948161

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年2月16日、『名古屋空港』最後の日:

» ■名古屋空港 [やまびこ倶楽部]
<font size="3" color="ff3300">平成17年2月17日、中部国際空港と県営名古屋空... [続きを読む]

受信: 2005.02.16 12:01

« 自動車、夏と冬の燃費 | トップページ | 映画『Ray』鑑賞 »