« 家計簿終了 | トップページ | 両サイドバーのリンク »

2004.12.01

私の左利き度

左利きについて少しだけ触れましたので、タイムリーなうちに、私自身の左利き度について、チェックしてみたいと思います。

手:
字を書くのは右。小学校1年生のときに、担任の先生に『右手で書くように』と言われました。
これははっきりと記憶しています。
ただし、線引きを使って線を引くのは左手です。
なので、ドラフターを使って図面を描くのには苦労しました(汗)
あ、それと、消しゴムを持つ手は左です。

箸は中学生までは左。
ただその後すぐ学生寮に入って、食堂で皆で並んで食事をするように・・・。
このため、左隣の人と腕が当たらないように、自ら右手で箸を使うことを覚えました。
今では、左右両方で箸を使えます(^^)
ただし、菜箸は力が要るので基本的に左を使いますけど。

フォークとナイフを使って食事をする場合、常にフォークが右、ナイフが左で、持ち替えることはありません。
これは私のプチ自慢かも(^^;;;

包丁、ナイフ、のこぎり等は全て左。はさみも左です。
ただ、ずっと右利き用のはさみを不便を感じながらも使ってきましたので、左利き用のはさみがうまく使えないという・・・(汗)

それから、食器等の洗い物をするときは、右手に食器、左手にスポンジです。

また、よく言われる駅の自動改札は、左手で強引に使ってます。

目:
左です。ただし、両眼とも視力0.1以下+乱視なので、眼鏡なしでは生活できません。

耳:
左。電話の受話器は必ず左耳にあてます。

足:
これも左です。しかも、左足のほうが右足より大きい(^^;;;
実測値:左足26.5cm、右足25.5cm
靴を買うときは、必ず左足で履いてあわせます。

スポーツ(あまりやりませんが・汗):
卓球は右。それ以外は全て左です。
中学生の時に卓球部に入ったのですが、その時先輩から『右でも左でもいいよ』と言われて、当時若干左利きコンプレックスがあった私は迷わず右にしました。
けど今にして思えば、左でやっておくんだたったと、後悔しています。

音楽関係:
ギターは右利き用を使います。ただもう長いこと使ってないので、今は弾けません(汗)
打楽器系ですが、左手が先に出ますので、ドラムセットやコンガ等は左利き用レイアウトでないと使いにくいです。
ま、でもこれもギターと同じでロクにできませんけど(^^;;;

かばん:
手に持つときは左、肩にかけるときは右肩を使います。

以上、思いあたるところを書いてみました。

皆さんは如何ですか??(^^)

|

« 家計簿終了 | トップページ | 両サイドバーのリンク »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。連日お邪魔します(^^)

》今では、左右両方で箸を使えます(^^)

 先日飲み会があった時にこの技を披露したら、殊の外喜ばれました(^_^。左隣の人と腕がぶつからないように出来るのは、人数が集まった際の席では便利ですよね。

昨日いろいろ調べたら、右手で物を使うようにされた人や両利きの人は左右をよく間違えやすいそうです。例えば「この信号を右・・・あ、左だった!」というように。僕もよく間違えるので恥ずかしい思いをしているのですが、中埜さんや皆さんはいかがですか?

投稿: じまぁ | 2004.12.01 10:17

自分は基本的に右利きですがプチレフティだったり。中埜さんやじまぁさんほど器用ではありませんが。
目は左の方が視力がいいです。電話は左です。
スポーツの時ですが、サッカーなんかは右足を主に使いますが、ソフトボールで打席に入るのは左です。それと、水泳。クロールの息継ぎは、右です。これは、実は左利きの人に多いのです。通常右利きの人は左で息継ぎをするのが普通です。今の子供は、3ストローク1ブレスで教えられるようですが。自分の子供の頃は、どちらか選べと言われて、みんなと逆を選択した記憶があります。水泳は、どの種目でも左の方がうまく動きます。
最近、仕事中、マウスを右で使いながら字を書ければ能率があがるんじゃないだろうかと思います。
僕なんか、左利きの人は、憧れの目で見ちゃいますよ。

投稿: swimmer-T | 2004.12.01 19:41

>じまぁ さん

連日ありがとうございます(^^)

箸を両手で使えると、鍋の席とか、焼肉といったような皆で卓を囲むような時にすっごい重宝しますよね。
私はまわりから喜ばれたような記憶はないのですが、心の中で密かに楽しんでます(^^;;;

それから、左右の認識ですが、私もとっさの判断ができません。
車を運転していて助手席の人に『そこ左』とか急に言われてもすぐに反応できなかったり、逆に右へ行こうとしたりで結構あせることがありますから・・・(汗)


>swimmer-T さん

利き目ですが、片目をつむってみてください。
そのとき物の見える位置が変わらないほうの目(つむっていない目)が利き目になりますので(^^)

水泳ですかぁ・・・。
ここのトコずっと泳いでない私ですが、記憶をたどるとクロールは左で息継ぎします。これはだから、逆のようですね。
ん~・・・、なんとも不思議(^^;

マウスは、右手ですねぇ。
これはもう最初からそれで使い慣れちゃってるので、今から左に変えたら逆に能率が落ちそうです(汗)

投稿: 中埜実(亀井) | 2004.12.02 01:55

やっちゃんです。
またおじゃましました。
"生活とは、生き続けること。"の言葉が気に入って、ちょこっとトラックバックさせていただきました。
では。

投稿: レフティやすお | 2004.12.02 23:36

>レフティやすお さん

コメントならびにTBりがとうございます。

今は、私がほぼ毎日こうしてblogに投稿しているのも、自分の“生活反応”なのかなぁと思っておりますので、これからも(時々で構いませんので)ここを覗きに来ていただけると幸いです。

投稿: 中埜実(亀井) | 2004.12.03 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/2119795

この記事へのトラックバック一覧です: 私の左利き度:

» 生き続けることは、あり続けること [レフティやすおのお茶でっせ]
11.26「「利き手(左利き)の矯正」という言葉の使用について」にコメント&トラ [続きを読む]

受信: 2004.12.02 23:21

« 家計簿終了 | トップページ | 両サイドバーのリンク »