« トヨタ『パッソ』とFIAT『NEWパンダ』 | トップページ | ネコ »

2004.09.12

NEWパンダ、試乗しちゃいました

最近とっても気になって気になって、アタマから切り離すことができなかったクルマ、FIATのNEWパンダに試乗してきちゃいました。
試乗させてもらったのは、名古屋市にある『アレーゼ中川』さんです。

さて、まずはなぜ私がNEWパンダをお気に入りなのかといいますと・・・

1:アンダー1トン車であること
車重がベースグレードの Panda で940kg、サンルーフとルーフレールの付いた Panda-Plus で960kg。
今どきの新車にしては非常に軽いです。常々『車は軽いに超したことはない』と勝手に思っているワタクシとしては、車重1トン未満というのは重要なファクターなんです。
ま、今の時代、『1トン超える車には乗らない』なんてことは絶対言えませんが(汗)

2:タイヤがむやみに太くないこと
これも最近思うことですが、新車が出るたびに、タイヤがどんどん太く、低扁平になっています。ま、車重が(安全性云々で)重くなってるからというのはある面しかたありませんが、あきらかにオーバースペックなタイヤを標準で履かせてる車も見受けられるのが非常に残念でして・・・。
そこへいくとこのNEWパンダ、155/80R13 という、とっても細いタイヤ。あくまで私的にですが、好感度大ですね~。

3:4枚ドアであること
全長で3.5メートルをちょっと超えるだけの長さですが、きちんと後席用ドアがあります。
私の twingo は2枚ドア。普段はほとんど気にならないのですが、たま~に『後ろにもドアがあるといよな~』って、結構悩むことがあります。

ま、そんなこだわりはどうでもよしとして、本題の試乗ですね。
まずはシートポジションを調整します。ま、身長172センチという、大きくもなく、小さくもない私の体型ですので、なんの不満もなく調整できました。
ただ、これはFIAT系のポイントなのか、サイドミラーが少し小さく感じました。

次にミッション。このNEWパンダ、現状では右ハンドルの、『デュアロジック』という乾式セミATのみ導入されています。
同じFIAT系の、アルファのセレスピードと同様のものだと思います。湿式(トルコン)ATは嫌いですが、乾式の2ペダルMTは今も所有してますし、初期のセレより信頼性は上がっていることでしょう。きっと・・・(^^;;;
で、シフトゲートをセンターの位置にもってくると1速に入ります。そこから前に押すとUP、後ろに引くとDOUN。シフトアップ時にはスロットルを戻すとスムーズに繋がるようですが、慣れないとタイミングが合いません(汗)

まぁ、そんなこんなでぐるっとまわってきての所感ですが・・・、エンジンすげぇ静か。あ、これは私の twingo と比較してのコトなんですが、とても同じクラスの車とは思えません(汗)
正直、エンジン音が静かなあまり、シフトアップを忘れてしまったくらいで(^^;;;
乗り心地もいいですね。とくに気になるような印象がないくらいに。
あと、小排気量車にありがちなんですが、エアコンまわすと発生する、エンジンパワーをエアコンに喰われてるような感覚はほとんどなかったです。

ということで、エンジン音が静か過ぎるのと、ドアポケットが小さいことを除けば、特にいうことありません。
正直、すぐにも欲しいくらいな衝動にかられましたが、そこは冷静に・・・(汗)
ディーラーの営業マンさんに『今なら新古車何台かあるよ~』とまで攻められましたが(^^;

とにかく今回は試乗のみ。同じラテン車でもイタ車って乗ったことなかったですし・・・。
しかーし、これからルノーが相当私好みなくるまを出してこないと、パンダに走ってしまいそうです。

でもとりあえず、パンダもまだ売り出したばかりですし、もう少し(バリエーションが増えるのを)様子見ましょう。
ほんっとはLHDのMTが欲しいんですけど、難しいかな~。

#久々に書いたら、珍しくちょいと長くなりました(^^;

|

« トヨタ『パッソ』とFIAT『NEWパンダ』 | トップページ | ネコ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37243/1418161

この記事へのトラックバック一覧です: NEWパンダ、試乗しちゃいました:

« トヨタ『パッソ』とFIAT『NEWパンダ』 | トップページ | ネコ »